学校との連携について

こんにちは!

自己肯定感アップの仕組みでいいね!を育てる、草加市にある放課後等デイサービスHow nice!の藤波です。

今回はタイトルにもある通り、最近私が特に必要だな~と感じる「学校との連携」について、お話してみたいと思います。

我々福祉機関と学校との連携は、文部科学省が推奨しているように(※参考ページへのリンクhttps://www.mext.go.jp/content/20200902-mxt_tokubetu01-000009703_3_1.pdf)、昨今ではとても重要なこととなっております。一昔前では、学校さんは敷居が高いなんて言う声も聞かれるほど、我々福祉機関にとっては結構ハードルの高いことでありました。

しかしながら、教育機関、保護者、福祉機関は、児童たちのために本来密接な関係にあるべきであって、児童の成長を育み、見守るという目的は一致しているわけですから、半年に1回程度は連携を取る機会を設けても良いのではないか?(ケースによってはもっと頻度が高くても良い)と思うわけですね。

この話を聞くと保護者の皆さんは、福祉機関と学校の連携はかなりあるのでは!?と思われるかもしれませんが、制度として整ってはいるものの、活発に連携をしているかというとそうではないのが現状です。

私もここに関しては、これからの社会として我々福祉機関と学校との連携はとても重要な役割だと思っています。

月に1回は情報交換しても良いのでは!?と思うくらいです。

福祉機関と学校の連携、こちらについては鋭意努力してお互いに歩みを近づけていきたいですね。そうすることで子どもたちの未来はもっと良くなりますね!

How nice!では、今後も教育機関と福祉機関の連携を強くしていき、子どもたちの未来をもっと明るいものにしていきたいと思います。

余談ですが、How nice!へ来て自分の小学校時代のことをよく考えるようになりました。

色んな悪戯ばかりしていたような・・・。ふと昔の悪戯について、振り返ってみるとしょうもないことばかりしていたような気もしますが、これを真面目に科学的に考えたりすると面白い発見もあったりします。

その話はまたいずれしたいと思いますが、保護者の皆様も昔した悪戯、振り返ってみてください。大人目線で、科学的な目線で考えたりしてみると意外な発見があるかもしれないですよ!

お子さんたちと話してみるのも、また一つかと思います。

それでは、今回はこの辺で失礼致します。

関連記事

  1. 何につけても目的を! How nice!

  2. うずら生後59日目

  3. 今週は夏祭りweekでした!

  4. ジャイロ実験について

  5. うずら美術館

  6. 初めまして!Hownice!の岩浅雪男です◎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。