放課後等デイサービスで送迎を自宅以外にするのは可能?

放課後等デイサービスでは送迎サービスを提供しています。

施設によってその内容はことなるものの、実際に施設を利用する児童の利便性と安全性を考え、ほとんどの施設が提供しています。

・施設と自宅間

・施設と通う学校の間

この区間に関しては問題なく送迎サービスを利用出来ると言っていいでしょう。

しかし、それ以外の場所となると必ず確認が必要になります。

こちらの記事では自宅以外の場所への送迎サービスについて解説を行います。

 

放課後等デイサービスでの送迎は自宅以外でも可能なの?

放課後等デイサービスでは自宅以外にも車での送迎を行っていることがあります。

保護者が仕事などをしている場合、

・施設が終わるころの時間帯にはまだ帰宅できていない

・なんらかの事情で祖父母の家に送迎して欲しい

そういった要望が出てくるのも事実です。

施設側でもそういった利用者の生活サイクルなどを考慮して、最大限できるかぎり対応してくれます。

放課後等デイサービスでは契約前にそういった部分を確認してから契約することになるかと思います。

施設に向かう際のルートに関しては、

通う学校から → 施設へ

自宅から → 施設へ

どちらかのルートになるかと思います。

これ以外のルートでの送迎が可能な場合もありますが、対応できるかどうかは施設によってことなります。

 

送迎時間や範囲も施設によって異なる

送迎してもらえる時間や日程、送迎範囲なども施設によってことなります。

放課後等デイサービスは主に平日の活動が中心となりますが、休日も通える施設があります。

また、どの施設を選ぶかは利用者側の自由になります。

しかし、送迎サービスの利用を前提とする場合には、施設側でサービスが提供できる時間や範囲の確認をとる必要があります。

下記の記事でも送迎時間や送迎範囲についての解説を行っています。

併せてご覧頂ければと思います。

放課後等デイサービスで利用できる送迎の時間について

放課後等デイサービスで提供できる送迎範囲について

 

まとめ

放課後等デイサービスでの送迎は保護者の負担を和らげるのに適しているサービスです。

しかしながら、そもそも送迎を行っていない施設などもありますので事前の確認が必要になります。

また、送迎サービスを提供している施設の多くは別途送迎の為の利用料金が必要となりますので事前に確認をとった上で契約をおこないましょう。

関連記事

  1. 放課後等デイサービスに通わせるメリットとデメリットは何がある…

  2. 放課後等デイサービスでの医療的ケア児(重度障害児)への支援

  3. 放課後等デイサービスの理学療法士の役割や求められる理由とは?…

  4. 放課後等デイサービスを高校卒業後に18歳以上で特例で利用する…

  5. 放課後等デイサービスと日中一時支援を併用や同日利用はできる?…

  6. 放課後等デイサービス「受給者証」の取得(発行)方法と更新や変…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。