理念は原点

梅雨も明けていよいよ暑くなりましたね!

水分と塩分を忘れずにとりましょうね。
のどが渇いたときは、すでに脱水の始まりです。

定期的に、のどが渇いてなくても水分補給をして
熱中症を予防していきましょう!

特に、去年もでしたがマスクがより熱中症を加速させる可能性があるので
気を付けていきましょう。

今日は理念の話をさせていただこうと思います。

定期的に、この話題が出るのは大事だからだと思ってください。

理念とか志とかいろいろ言われますが

理念と事業所コンセプトは違います。

事業所コンセプトというのは、その事業所が何屋さんなのか
と言えば分かり易いでしょうか。

例えば、商店街に飲食店を何店舗経営していたとして
このお店はイタリアン、別のお店はラーメン屋さん
また別のお店は居酒屋さん
ということです。

大きなくくりでいえば飲食店。
でも、それぞれのコンセプトは全然違いますね。

施設もそうですね
大きい括りでいえば、児童発達支援事業所や放課後等デイサービス
訪問介護やグループホーム、相談支援や就労支援

でも、事業所ごとでコンセプトが違うんですね。

そして、このコンセプトは変えられません。
イタリアンレストランに料理を食べに来ている人に
ちょっと今日はラーメンだしますって出来ないですよね

だって、イタリアンを食べに期待してきていただいているのですから。

じゃあ、理念って?
ということですが、これはもっと大きなくくりです。

この会社は何したいの?
ってところです。

もう一度商店街の飲食店で例えると
同じ商店街に複数店舗出店していて掲げるとしたら

「商店街を活性化する企業」

といったところでしょうか。

ということを考えてみると、大きなくくりで
自分自身がどのように成長できるのかを考えられると思います。

各事業所のコンセプトや理念を再確認してみてくださいね。

ではでは。