これから福祉を志すあなたへ

株式会社ひいらぎ代表の茂呂です。

実は(と言っても隠していたわけでもないのですが(笑)、5月下旬に帝京科学大学の1コマで講義をさせていただくことになりました。

福祉学科なのですが、1年生でこれからどのように福祉に関わっていくのか。
もしくは、福祉の道を歩むべきなのか。
と、まだまだ入学したててこれからどういう方向を目指すのか。
という学生に対して、僕たちが行っていることを熱弁してきます!

一言で福祉と言っても様々で、ひいらぎグループではかなり多くのことを行っています。
なのでお声がかかったのかな。

帝京科学大学とは以前からも関りがあって、3年生にお話をさせていただいた時には、何人かの学生が興味を持ってくれ、アルバイトにも来てくれていました。

思い起こせば二十数年前、、、
僕も学生だった頃があったわけでして(まだ数年前くらいに想っていますが)、始めて実習に行ったときや、就職した時のことを思い出させてもらっています。

学生だった頃、実習コース選択が様々で、高齢者、障がい者と単純に大きく分けて実習先が決まっていました

就職したのは特別養護老人ホームだったので高齢者介護だったのですが、実習は障がい者施設へ行かせてもらっていました。

入間市にある障がい者入所施設へ泊まり込みで実習へ行っていたのですが、その時の入居者さんを今でも強烈に覚えています。

電動車いすの電磁波を感じてしまうということで、近づいてくると逃げるのです。
いやいや、?でしょ!って思っていたんですが、視界に入っていなくても、逃げ出していたので、恐らく本人には本当に電磁波を感じる能力があったのでしょう。

僕はとても興味をもって、実習中のケース事例としてレポートを書いていたので良く接していました。

そしてある夜、僕は用意された宿泊場(と言っても倉庫にベッドを置いただけ)で、寝ていると、夜勤の職員さんが猛烈にノックするのです。

「〇〇さんがいないのだけど、来てない?」

さすがに、そこまでの仲ではなかったので、僕の宿泊場に来るようなことはこれまでも一度もありませんでした。

ちなみに、山奥の施設なので、手動の車いすではそもそも外まで出られません。
かなりの上り坂を登って行かないと施設の外には出れない設計なので。
これも、今考えればなかなかすごい施設ではあるのですが、その話は置いておいて。

後に聞くと、過去にも何度か脱走を試みていたとのこと。
僕は夕食時など、事例レポートのためによくかかわっていました。
なので、僕のところに遊びに来ていないかな?と思ったそうです。

結果、施設の車のカギを盗み出して運転して逃げていたところ、途中で力尽きて停車しているところが見つかったそうです。

ADL的に、到底不可能なことをやってのけていました。
手動車いすを自走するのがやっとくらいで、立位がギリギリ自立くらいの方でしたので、まさか、車を盗んで脱走するとは誰も思っていなかったと思います

無事に見つかってよかったのですが、大変な現場に出くわす機会でした。

なんていうことを思い出していました。

もう20年以上前ですから、まだ”措置”の時代で、自分で施設を選ぶこともできない時代です。

今は時代も変わり、措置から契約になり通所も訪問も入所も選べる時代になりました。

恐らくあの入居者さんは、今の時代だったら真っ先に転居を望んでいるんじゃないかと思います(笑)

そこから卒業して特養で働いて体を壊してという流れになるんですが、学生の前でお話をさせていただく機会をもらうと、初心に帰れるということもありますね。
色々なことを思い出していました。

特養に就職した時は、理想と現実のギャップに悩んだものです。
理想を追い続けて今も活動していますが、今も理想と現実に悩んでいます(笑)

ただ、これから福祉を志すみなさんにお伝えしたいのは、
理想を高く持ってほしい、ということです。
僕は、高ければ高いほうが良いと思っています。

特養に入職した時も、かなり破天荒なことをしたのも思い出です。
いつか書こうと思いますが、今はやめておきます(笑)

だって、理想を求めたいじゃないですか。

全然別件なのですが、年末に書いた2022年の目標があるのですが、書いているときは、到底難しいだろうと思っていたことも含めて半数以上が動き出し達成に向けて進んでいます。

その中の一つに出版があったわけですが、おかげさまでAmazon障がい児・福祉教育部門で新着ランキング1位になることが出来ました。行ったり来たりなので今は1位じゃなくなってしまいましたが汗

この本で書かせていただいたことも、理想だと言われればそうかもしれません。
海外と比べて、日本のフクシはだいぶ遅れています。
発達障害に対する国民の理解もだいぶ遅れています。
支援についてもそうです。

でも、理想を掲げ、どのように子供たちのために活動していくのか

障害福祉は社会保障の制度の中にあります。
だからって、諦めるだけでは何も変えることはできないです。
求人難ではありますが、それも業界がダメだからと匙を投げたら終わりです。

僕がこうして、講義をさせてもらうのも、子ども食堂をやっていたのも、未来ある学生やこども達が、福祉の魅力を感じて楽しさ理想をもって、この業界に来てくれるという未来を夢見て行っている活動の一つでもあります。

まだまだ志半ば、これからも色々な活動をしていきたいと思っています。

また、帝京科学大学からもアルバイトに来る学生がきたらよいなと想いを馳せながら今日のメッセージを送りました。

ではでは。