放課後等デイサービスで人気のある施設の特徴・選ばれるポイント

放課後等デイサービスの利用にあたっては出来るだけ間違いの無い施設選びをしたいですよね。

「どんな施設が人気があるの?」

「他の人はどんな基準で選んでいるの?」

「療育に関しての判断基準がない…」

そういった方がほとんどだと思います。

現在、全国には1万ヵ所以上の放課後等デイサービスがあります。

その施設は規模も運営・支援体制もそれぞれバラバラです。

もっと言えば、お近くで運営されている施設が少なく、そもそもの選択肢が少なかったりします。

その場合でも、

人気がある施設の特徴

子供をあずけるのに必要十分な環境であるかを判断する知識

などは親御さんには持っておいてもらいたいと思います。

こちらの記事では、人気のある放課後等デイサービスの特徴や傾向をお伝えしていきます。

また、どんな判断基準や情報をもって施設を選らんだら良いのかを解説します。

ぜひ参考にしていただければと思います。

人気のある放課後等デイサービスの特徴

数ある放課後等デイサービスの施設ですが、保護者の方に人気のある施設とそうでない施設が出てきます。

発達障害を持った児童を預かる場所ですから、保護者の方からすれば様々な視点で施設を選ぶことになると思います。

ただ、初めてこういった福祉サービスを受けられる方にとっては、どんな施設が人気があるのかも分からないですよね。

こちらでは実際に運営されている放課後等デイサービスの施設で人気があったり、評判が良いとされる施設の特徴を挙げてみます。

 

療育プログラムが明確

発達障害を持った児童にどんな支援を行うのか。

どんな内容をどんな形でサービス提供していくのかのカリキュラムが明確な施設が選ばれる傾向にあります。

・英語に興味のある子供には英語を習える環境がある

・プログラミングを学ばせたいというニーズに応えている

・日常のコミュニケーションや生活をする上での対人スキルの習得を重視している

これらの施設特有の強みがあり、さらにそれが体系化して運営している施設は人気があります。

発達障害を持つ保護者の方が不安や心配になるのは、その施設に入って「何を行うのか」という点です。

その環境にお子さんが馴染んでいけるのかどうかも潜在的には気になりますよね。

それらをクリアしている施設は人気がある傾向にあります。

 

口コミの評判が良い

当然のことながら、現代ではインターネットでの情報収集を十分に行えます。

しかし、最も信頼出来るのは「実際の利用者の生の声」ですよね。

それ以上に信用できる情報はありません。

お友達のお母さんからある施設についての良い評判を聞いたとします。

多少自宅から遠くても、不要な心配をせずにお子さんを預けられるのであれば、選択肢に入りますよね。

自宅から遠くても知り合いの評判が良い施設。

自宅から近くて利便性も良いが信憑性のある情報が無い施設。

前者の方が信頼に足る情報があるので、そちらを選ぶかもしれませんよね。

口コミでの生の情報や評判が良い施設もポイントの一つになります。

 

児童の満足度を第一に考えている

何よりも実際に利用している児童の満足度を第一にしている施設は人気が高いです。

施設見学などで複数の施設を回った際には、それが分かりやすいかと思います。

放課後等デイサービスは「障害児の学童保育」とも呼ばれています。

学校、自宅、施設というように、一日のうちでもそれなりに長い時間を過ごすことになります。

つまり、子供にとっては自分の居場所を確保できる場所のうちの一つなのです。

その子供にとって大事な場所を丁寧に運営し、子供の満足してもらえるような体制を整えている施設が人気なのです。

 

放課後等デイサービスを選ぶ際のポイント

上記の点も踏まえて、どんな基準で施設を選べば良いかをお伝えします。

もちろんこちらで挙げているポイント以外にも、それぞれの家庭環境や生活サイクルなどによって、選ぶポイントは増えてくると思います。

しかしながら、これから放課後等デイサービスという福祉サービスを利用しようとしている方にとっては参考になるかと思います。

 

現在利用している子供の様子

いまその施設で活動している他のおうちのお子さんの様子を拝見しましょう。

・子供が楽しく、のびのびと生活できているか

・安全が確保されている環境で活動できているか

・実際にどんな内容の療育が行われているか

これらを見学させて頂きましょう。

その施設が適正な運営をされていて、子供の満足度が高ければ感覚的にもその雰囲気の良さが分かるかと思います。

 

施設の職員の意欲や態度

実際にその施設にお子さんが通うことになった場合、お子さんと多く接するのは施設の職員の方です。

その職員の方の人柄、態度、子どもへの接し方など、出来る限り多くの情報を見学された時にでも見るようにしましょう。

 

臨む支援を行ってもらえるか

これが非常に重要な部分です。

保護者の方や実際に利用する児童が望むようなサービスの提供を受けられるかどうかは非常に重要です。

療育プログラムがはっきりしているし、実際の利用者の評判も良い。

しかし、障害を持った児童の状況はそれぞれ違いますから判断基準にもズレがあると思います。

せっかくお子さんを預かってもらえる福祉サービスです。

こちらが望む活動をしているのか、必要な保育機能を有しているかなどの部分はチェックしておきましょう。

 

まとめ

放課後等デイサービスは数多くあるといってもお住まいの地域によっては選択肢が限られる場合もあると思います。

しかし、こちらで説明させて頂いたような基準を持つことで、間違いの無い施設選びをすることが出来ます。

ぜひこれらを参考にして選んでみてくださいね。

関連記事

  1. 放課後等デイサービスで高校生向けのサービスはある?利用例やス…

  2. 放課後等デイサービスを高校卒業後に18歳以上で特例で利用する…

  3. 放課後等デイサービスで子供や職員が怪我・事故に遭った場合の対…

  4. 目標設定研修がありました。

  5. 放課後等デイサービスで学習塾が行うような個別指導を受けられる…

  6. 放課後等デイサービスでは障害児の為の学習支援は受けられるの?…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。